反転学習を利用した社員教育サービス

反転学習を利用した社員教育サービスとは?

従来からの社員教育のパターンは、資料を読んだり、動画視聴の講義を業務外で行なうよう社員に課したものがほとんどでした。

または一方的に講義を聴く、受け身の研修でした。

不十分な時間配分の中で過剰な内容を消化しようと無理なことがなされていました。

反転学習社員教育においては、受講者たちはテーマについて、まず事前に動画学習をしてもらいます。

その後の本講座においてディスカッション及び考査(テスト、ロールプレイングなど)を行い知識の定着を図ります。

先進的な教育機関と大学で取り入れられている効果的な手法を使った社員教育サービスです。

反転学習を利用した社員教育サービスの例

社長

我が社の社員だったら全員ができるビジネスマナーを研修として教えてほしい。

今竹

ビジネスマナーにも色々ありますが、社長が今、一番気になっていることは何ですか?

社長

電話対応と名刺交換かな・・・?

今竹

では、そこからはじめましょう。

社長へのヒヤリングを行いテーマを明確にします。
事前学習(動画、テキスト、クイズ等)を行います。
本講座でディスカッション及び考査(テスト、ロールプレイングなど)を行います。
特に課題と思われる項目については補足講義を行います。